So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

東京湾真鯛108 [釣行記]

DSC01657.JPG
東京湾に真鯛釣りに行きました。
GW明けですが港は乗っ込み真鯛を狙う人で活気が有りました。
船長に模様を聞くとずっと低めだった水温がやっと上がり喰いが上向いたそうです。

時間になり港を出て東に15分程走ります。
ポイントに着くと船団が出来ていて前回より少し西寄りの本命場所です。
仕掛けを入れしばらく釣っていると1枚目が釣れました。

その後も竿の入り方や喰い方を見て指示棚より少し上で張っていると当たります。
連荘的には当たりませんが乗っ込みの喰い方で気分は良いです。
反面、慣れないと喰い棚が幅広く真の棚を絞り辛い面もあります。

上目上目と様子を見ながら前後の微調整で当たりを出します。
朝一の2時間位は比較的高めの棚で当たり数も出て良く釣れました。

DSC01668.JPG
(本日釣果、真鯛12枚)
船長からは前日は中盤に釣れたと聞いていました。
朝一に有る程度釣れ「ウヒヒ・・・今日は取り放題ダゼ」と取らぬ狸です。
しかし世の中そんなに甘く無く・・・。
中盤から真鯛の当たりが黒鯛に変わり「当り、黒鯛」、「当り、黒鯛」になりました。
そして終盤は黒鯛の当たりがメジナに変わり「当り、メジナ」、「当り、メジナ」になりました。
よく言う後半失速という奴で12枚釣って当日は終了です。

DSC01664.JPG
少し沖のポイントは中盤に喰ったようでポイントによって活性の上がる時間に差が有るようです。
陸に上がり僚船の船長からは早い時間でツ抜けしたと無線で聞いていたので
20(枚)は行ってると思ったよと後半失速を少しイジラレました。

DSC01665.JPG
一番大きいデコパッチは腹がパンパンでいつでもOKみたいな感じでした。
これまで全般に渋かったのでこれから盛り上がってくれると良いのですが。


DSC01309.JPG
最近の我家の日本酒はいつもの「亀泉」と秋田の「まんさくの花」です。

東京湾真鯛107 [釣行記]

DSC01622.JPG
GW中の祝日に東京湾に真鯛釣りに行きました。
港は何時もとは違い毘沙門からの出船になります。
毘沙門はこのブログを初めて5回出船の5回竿頭で相性が良い港になります。

港で船長に挨拶をして最近の模様を聞くと一言「難しい」と言います。
元々釣れなくても釣り糸を垂らしていれば満足なので難しいのは気にはなりません。

時間になり出船です。ポイントを聞くと吉野瀬の乗っ込み場に行くそうです。
船団は3箇所位あり最初は手前のポイントからスタートです。
流石にGWの祝日で船数が多いです。

5月に入り出船が早くなったおかげて1時間早くポイントを叩ける様になりました。
その影響ではないでしょうが朝一は上ずった反応が魚探に映ります。

その反応の頂点に誘いを入れて仕掛けを送ると気持ち良く当り1枚目が釣れました。
毎回こんな感じで当たりが出ればスカッと気分が良いのですが。
その後は時間と共に反応は下がり船長の指示棚も底付近になりました。

DSC01619.JPG
(リーディングアームⅡ)
前モデルのリーディングアームは収納はコンパクトでしたが耐久性に難有りでした。
リーディングアームⅡも収納がコンパクトなので予備用に購入しました。
今回は使用しませんでしたが気が向いたら使い使用感等はお知らせ致します。
夢の天秤の使い勝手に不満がないので何時になるのか分かりませんが。

釣りの方は偶に反応が出る位で船長が難しいと言うのが分かります。
また私は左舷の席で偶に当たると船長が右舷のお客さんに魚がそっち行くから
お祭り気を付けてと声を掛ける常連真鯛師が親の仇の様に嫌う『潮上』です。
水色も薄濁りと言うより暗い感じで底から冷たい潮でも差して来ているのでしょうか。
中途半端な取り留めのない状況が続いている様です。

DSC01628.JPG
(本日釣果、真鯛4枚)
当りが無いので沖側のポイントに移動したり小移動を繰り返します。
真鯛はポツリ・ポツリ喰いの終了まで4枚釣れ当日は船中8枚の竿頭でした。
毘沙門はこれで6連続竿頭になり相性が良いのはまだ続きている様です。
タイミングが合えば後1~2枚は追加出来そうでした。

DSC01629.JPG
(外道、鯵・クロムツ)
外道は鯵とクロムツが釣れました。
鯵は刺身、クロムツは煮付けにして食べたら美味しかったです。
帰りの三浦海岸は人が多く飲食店は活気があり平日との違いに驚きました。

東京湾真鯛106 [釣行記]

DSC01608.JPG
東京湾に真鯛釣りに行きました。
港に着くと南西風が強い予報の影響か車は少ないです。
船長に挨拶をしてポイントの水深を聞くと40m位だそうです。
前回2週間前が水深70mだったので大分浅くなりました。
ただ状況はかなり渋いそうです。

時間なり出船です。
風は有りますが波は思ったよりパチャパチャしていなく助かります。
トコトコ東の乗っ込み場まで走り仕掛けを入れます。

暫く仕掛けを打ち返しますが当たりが来ません。
当日の状況がいまいち掴めない中でイナダが釣れました。
次も仕掛けを入れるとまたイナダが釣れて来ました。

状況を掴むためコマセや待ち時間を変え探りを入れながら釣っていると1枚釣れました。
あまり良い喰い方はしていなくそれに合わせる形にはなりそうです。
反面バタバタ釣れる状況では無いので忙しい釣りにはならなそうです。

取り敢えず餌取りに合わせ待ち時間を調節して釣ります。
すると飽きて来た頃合いにポツンと単発当りが来て釣れます。

DSC01609.JPG
(たかなみ)
乗っ込み場に近く適度に暇なので自衛隊観察がし易いです。
110番は海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」だそうです。
また当日は北朝鮮のミサイルに備えてか富浦辺りに護衛艦が1隻停船していました。
将軍様には大人しくして頂きたいものです。

真鯛の方は将軍様とは違い大人しく前回同様単発当りを待つ釣りになります。
ただ喰い方も遊泳層も前回より更に厳しそうな状況です。

DSC01615.JPG
(本日釣果、真鯛9枚)
今日みたいな日は駄目元で1発大型が掛れば御の字だと都合良く思っていると
「ピィピィピーーーーーーッ!」とリールから糸が出て行きます。
「マヂデデカイのキター!」と思った瞬間竿が戻りました。
ほんの数秒夢を見ましたが鈎を飛ばされ終了です。

DSC01616.JPG
(真鯛2.5kg他8枚)
その後も単発ポツポツ喰いで9枚釣って当日は終了です。
枚数は前回と同じ9枚ですが今回は更に喰いは厳しかったです。
前回は誘いの仕方によっては魚が動く事は有りましたが今回はほぼ無かったです。
1日通して思ったよりも風が吹かなかった事は幸運でした。

DSC01617.JPG
外道は朝一のイナダの2本だけでした。
脂が乗っていて美味しかったです。



DSC01613.JPG
帰りに三浦海岸を走っていたら鯉のぼりが元気に泳いていました。
真鯛もこのくらい元気に泳ぎ回っていると良いのですが。


DSC01563.JPG
去年近所で捕まえた我家のコクワガタが冬眠から覚め出て来ました。
暖かくなって来たのでお腹が空いたのでしょう。

東京湾真鯛105 [釣行記]

DSC01541.JPG
2ヶ月振りに東京湾に真鯛釣りに行きました。
桜も咲き暖かくなって来たので港は賑やかだろうと思っていましたが以外に空いていました。
ぽつぽつ乗っ込みも始まっているのかなと思っていただけに少し拍子抜けです。
釣果情報なども殆ど見ないので浦島太郎になりがちです。

時間になり出船です。
本船は剱崎方面に向かいますが周りを見渡すと全般に船が少ないです。
船長に聞くと久里浜に行く船も多いそうです。

ポイントに着くと水深70mです。
もう少し浅いのかと思っていたので軌道修正が必要な様です。
取り敢えず仕掛けを入れ色々探りながら釣りますが当たりが来ません。
船の魚探にも殆ど反応が映らないので魚の絶対数は少なそうです。

釣り開始から二時間を過ぎた頃にやっと当たりが来て1枚目が釣れました。
その後、諸々仮定して釣っていると単発ながら当たりが続きました。
そして当日は棚は高くは無いが魚の遊泳層は意外に高い事が分かりました。

暫くして誘いをすると当たりが来て3~4kgの真鯛が釣れました。
単発当りで半信半疑ですが其れまでの喰い方を踏まえ釣りを組み立てます。

相変わらず魚探には反応が映らないので魚の絶対数は少なそうです。
根気良く釣っていると当たりが来てまた良型の真鯛が釣れました。
コマセは見えていて意識はしていますがつられて動く程ではなさそうです。
流れコマセで様子を見ます。

DSC01542.JPG
その後も単発が続きます。
終了間際、誘いを入れるググッと当たり合わせを入れると結構走ります。
当日はそれまでに良型を2枚釣っていますがたいして引きません。
ポイントや釣り方はまた乗っ込みには遠いけど
お腹の中だけは乗っ込みで引かないのかなと思っていたので期待しました。

DSC01546.JPG
あげて来ると思ったより小さい4kgオーバーの真鯛が釣れて来ました。
良く見るとだいぶ叩いた後の様でお腹がすっきりしていました。
気の早い奴もいる物です。

当日は朝から終了まで同じポイントで魚は連続で釣れる事は無く単発でした。
また良型3枚は全て誘いの最中に喰いました。
ただ誘いに興味が有ると言う感じではなく何かしらの変化が必要な様でした。
終わって見れば1~4kg台の真鯛が釣れ去年7月以来のサイクルヒットです。

DSC01553.JPG
面白い物で良型はみんなオスで中小型は全てメスです。
またオスは腹パンというより叩き気味の感じでした。
乗っ込み場まで待てずに漁礁辺りでイチャイチャしているのでしょうか?

相模湾真鯛17 [釣行記]

DSC01363.JPG
少し前ですが前回に引き続き相模湾に真鯛釣りに行きました。
お土産が余りに期待出来ない中で港には10名程お客さんが集まっていました。
数は期待出来ませんが深場の良型狙いです。

時間になり出船します。最初は鎌倉沖でここの所1番のポイントだそうです。
多少お祭りに気を使いますが前回より潮が素直なので深場でも問題なく釣りになります。
ただ釣りにはなりますが魚からの当たりが来ません。
船長も我慢出来ず江の島沖へポイント移動です。

深場が難しいのは情報が少ない事です。
当たりが少ないので当日の真鯛の喰い棚や活性の情報が無く暗中模索の釣りになります。
また余りにも情報が無いと暗中模索まで辿り着けず五里霧中の状況になります。
慣れている船宿ならまだ常連さんや船長に聞いたり出来ますがアウェーだと猶更です。

考える事は釣れない原因です。
大きく分けると魚は居るけど活性が低いか魚の絶対数が少ない(居ない)かの二つです。
細かく分けると魚の絶対数が少なく(居ない)活性も低いなんて状況も有ります。
まずは大きな所からで敢えず上記の二点を考えます。

そんな中で反対側で真鯛が連続で釣れました。
同じ側なら釣り方や棚取りからの当たり時間で朧げながらに当日の状況が推察出来ますが
見えない反対側では入ってくる情報量は限られます。
その後、粘りましたがまた最初の場所に移動です。

DSC01364.JPG
(本日釣果、真鯛1枚)
この場所では艫で1枚釣れましたが後が続かず残り1時間で亀城根に移動です。
当てずっぽで当日の状況を推察して釣っていると竿先に当たり来ました。
最初は真鯛かと思いましたが100mを超える水深を差し引いても引きません。
何だ・・・?と思いながらあげて来ると2kgの腹パン真鯛が釣れました。

DSC01365.JPG
当日は10名乗船で船中4枚の各人1枚ずつでした。
私は2kgの真鯛でしたがこれでも船中一番小さな真鯛でした。
ただ小さくて残念と言うより最後に首の皮1枚繋がってホッとした気分でした。

DSC01366.JPG
(外道、鯖・鯵)
外道は鯖と鯵で鯵は美味しかったです。

DSC01367.JPG
家に帰って真鯛を捌いてみると既に白子がパンパンでした。
今回の釣行が約2週間前と考えると今年の乗っ込みは早いのでしょうか?
相模湾の最大の謎は真鯛の乗っ込み場がまだよく分かってない事です。
わざわざ吉野瀬まで行くのか相模湾内のまだ見つかっていない乗っ込み場があるのか・・・?
海の中は分からない事で一杯です。

DSC00349.JPG
最近の我家の日本酒はいつもの「亀泉」と秋田の「天の戸」です。

相模湾真鯛16 [釣行記]

DSC01311.JPG
少し前ですが相模湾に今年2回目の真鯛釣りに行きました。
仕事が忙しく釣りに行けない状況で相模湾で釣るのも1年半振りです。

今回の真鯛釣りは初めて乗る船になり新規船宿開拓なります。
初めての船でポイントも何も分からないのである意味何も知らず気は楽です。

しばらく走ると最初のポイントです。
見覚えのある景色でおそらく亀城の100m付近です。
投入の合図があり仕掛けを入れますが仕掛けが落ち着きません。

当日は早い潮が差し込んで来たらしくケツから潮を受け船が暴れているそうです。
おまけに私は後ろの席で潮上になり多少気を使います。

小一時間粘りましたが船長も諦めポイントを移動です。
次ぎのポイントは鎌倉沖の同じく100mです。
多少湾奥になるのか潮はまだそこまで早くなく釣りになります。

このポイントで反対側で当たりがあり船中1枚目の真鯛が釣れました。
そして私の竿にも当たりが来て釣れました。深場の鯛なので全般に型は良いです。

しかしその後はパッとしなく江の島沖に向かいます。
江の島沖では2箇所で仕掛けを入れ後半当たりが来て2枚目が釣れました。
深場で道中長く完全に潮上なので魚の引きよりお祭りに気を使います。

しばらく江の島沖で粘りましたが当たりがなくまた鎌倉沖に戻って来ました。
基本深場は1日通して当たりが少なくある種真鯛釣りの醍醐味感はあります。

DSC01313.JPG
(うどん)
昼過ぎまで鎌倉沖で粘って釣っていると船長がうどんを作ってお客さんに配っていました。
いつもなのか凪の日やお客さんが少ない日限定かは分かりませんが嬉しいサービスです。
うどんを食べて気持ちもゆったりして釣っていると今日一の当たりが来ました。
お祭りに注意しながらやり取りすると当日船中最大の真鯛が釣れました。

DSC01318.JPG
その後は当たりがなく最後に駄目元で最初の亀城に行って終了です。
当日の船の釣果は船中4枚でその内の3枚が釣れ1日潮上の状況を考えれば上出来です。
ポイントは亀城から江の島沖までの深場で多少変化のある場所を選んでいる様でした。
外道は鯵が2匹釣れ意外に美味しかったです。

DSC01321.JPG
(本日釣果、真鯛3枚)
初めての船宿は気を使う事も多そうですが反面何も知らないので返って気が楽です。
のんびり知らない船で1日釣り糸を垂らしているのも楽しいものです。



DSC01345.JPG
(カブトムシ幼虫)
春が近づいて来たので去年生まれたカブトムシの幼虫の土を取り替えました。


DSC01344.JPG
(メダカ)
庭のメダカも少しずつ動き出して来ました。もうすぐ春です。


DSC00346.JPG
最近の我家の日本酒はいつもの「亀泉」と山口の「五橋」です。

手打ちそば おおつか&うえさわ [グルメ]

DSC000046.JPG
昼飯にお蕎麦を食べに「おおつか」さんに行きました。
「おおつか」さんは人気で駐車場が一杯の事が多いですが当日は運良く空いていました。



DSC01185.JPG
(鴨せいろ)
私は鴨せいろでいつもと同じく美味しいです。



DSC01186.JPG
(鴨せいろ)
連れも鴨せいろ。
暖かいお蕎麦もひと口食べたく薦めましたが却下されました。




DSC00549.JPG
夜はセンター南のお寿司屋「うえさわ」さんに寄りました。



DSC01067.JPG
(ビール)
一息付きます。



DSC01070.JPG
(かわはぎの肝和え)
美味しくお酒に合います。



DSC01069.JPG
(お酒)



DSC01068.JPG
(おつまみメニュー)
おつまみメニューが増えたので頼みやすいです。



DSC01071.JPG
(あん肝)
好物のあん肝が有ったので頼みました。
作り立でまだ柔らかいです。



DSC01072.JPG
(蛸)
蛸を切って貰いました。



DSC01074.JPG
(あん肝)
あん肝をおかわりです。
あん肝好きな私はこれがあるとお酒がいくらでも進みます。



DSC01077.JPG
(お漬物)
さっぱりお漬物です。



DSC01078.JPG
(烏賊)



DSC01079.JPG
(鰤)



DSC01080.JPG
(ノドグロ)
お薦めを2~3貫握って貰いました。



DSC01082.JPG
(巻物)
最後に巻物を食べて家に帰りました。
つまみが美味しくお酒でお腹一杯であまりお寿司は食べれませんでした。
今日も美味しく食事とお酒が飲めました。

東京湾真鯛104 [釣行記]

DSC01250.JPG
東京湾に真鯛釣りに行きました。
新年明けましてオメデトウと言うには遅過ぎですが私にとっての初釣りになります。
2ヶ月振りの真鯛釣りで模様も勝手も分かりませんが天気も良いので気分良く出船です。

ポイントは瀬の北側の少し深場の漁礁周りです。
ここ2日は天候が悪く出船しなかったそうですがその前の日は朝一と潮変わりに喰ったそうです。
またちょくちょく大物に仕掛けを切られているそうで船長も自信有り気です。

今までの経験からだと本船の船長が出船前に自信が有るとあまり釣れた記憶がないです。
逆に「渋い・・・。最近喰わない・・・。」と弱気の時の方が釣れる事が多い気がします。
よくあるパターンにならなきゃいいなと少し不安になります。

そんな不安を他所にポイントに着き仕掛けを入れたら1投目から真鯛が釣れました。
今日は何時ものジンクスとはオサラバだと思って仕掛けを入れます。
しかしその後は当たりが来ません。

仕方なく多少強引に釣っているとやっと当たりが来て合わせを入れると軽いです。
今日一小さい真鯛が釣れました。活性の低い日は釣れる数も減りますが型も小さくなります。
典型的な低活性の日のパターンです。

粘って釣っていると前回に引き続きトラフグが釣れましたが後が続きません。
仕方ないので瀬の南側の漁礁周りに移動です。
何投かすると当たりが来てあげて来るとアマダイでした。これはこれで嬉しい外道です。
これで真鯛・トラフグ・アマダイと白身三種が揃いおかずには苦労しなさそうです。

思い返してみると下から棚を取る相模湾の真鯛船では数回有りましたが
上から棚を取る事が多い松輪瀬でアマダイを釣ったのはこのブログを初めて初です(多分)。
松輪瀬でアマダイをよく釣る人は勝手に棚を下げたり自分さえ良ければいい系の人に
周りから見られる事が有ります。

DSC01253.JPG
(トラフグ、アマダイ)
またこのポイントでトラフグが釣れました。
先程とは瀬を越えた場所にいる事を考えれば広域に広がっている様です。
しかしこの場所も渋くまた少し東目のポイントに移動です。

そのポイントでも小一時間程粘りましたがパッとしなく朝一の本命ポイントに移動です。
ここで釣れなきゃもう行くとこが無いと船長が嘆いています。
船長以上に諦め気分で仕掛けを入れるとドカーンと当たり糸が景気良く出て行きます。

デカイのキター!とやり取りを始めましたが・・・。最初は大鯛ぽかったですが・・・。だんだん・・・。
かったるいですがやり取りをすると5kgオーバーのワラサが上がって来ました。
燃え尽き症候群で今日は終わったと思いました。

DSC01251.JPG
(ワラサ)
船長も99%諦めていた様ですが際側のポイントで黒鯛が釣れたと無線が入りました。
もう行くポイントが見つからず駄目元でそのポイントに行きました。
私は黒鯛が釣れたからって真鯛が釣れる訳ないじゃん・・・。と思いながら仕掛けを入れました。

DSC01252.JPG
(本日釣果、真鯛6枚)
直ぐに当たり来て鋭角的な引きの黒鯛だと思ってあげて来たら真鯛が釣れました。
そして短時間で周りが釣れていない中でそこそこの真鯛が3枚釣れました。
取り敢えず終わって見ればラッキーだったと言う釣行になりました。

DSC00085.JPG
最近の我家の日本酒はいつもの「亀泉」と秋田の「阿櫻」です。

揚州商人&鶏和酎 [グルメ]

DSC01032.JPG
昼に都筑ふれあいの丘の「揚州商人」さんに行きました。


DSC01033.JPG
(駐車場案内)
毎回、駐車場が分かり易ければと思います。


DSC01034.JPG
(麺種類)
麺の種類が3種類になって中太麺の揚州麺が増えたみたいです。


DSC01037.JPG
(ワンタン麺)
揚州麺で頼んで見ました。


DSC01038.JPG
(坦々麺)
これも揚州麺で頼んで見ました。
揚州麺はモチモチツルツルで美味しいですが細麺の方が「揚州商人」さんらしく私は好きです。


DSC01036.JPG
(炒飯)
炒飯も頼みました。美味しかったです。
駐車場が少しメンドクサイデスが「揚州商人」さんは好きです。



DSC00809.JPG
夜はセンター北の焼鳥「鶏和酎」さんです。


DSC00814.JPG
(ビール)
取り敢えずビール。


DSC00812.JPG
(煮込み)
好きです。


DSC00822.JPG
(炙り明太子)
これも好きです。


DSC00820.JPG
(店内風景)


DSC00825.JPG
(焼酎)
水割りにチェンジ。


DSC00816.JPG
(串)


DSC00817.JPG
(串)


DSC00818.JPG
(串)


DSC00819.JPG
(串)


DSC00823.JPG
(串)


DSC00824.JPG
(串)
串はどれもそつなく美味しいです。


DSC00826.JPG
(親子丼)
〆は親子丼です。
今日も美味しく食事とお酒が飲めました。
鶏和酎さんはオープン当初から何回か伺っています。
お店の雰囲気が少し若者向けでおじさんの私にはもう少し錆びれた店の方がしっくりします。


222.jpg
(本牧海づり施設)
釣りの方は今年に入り本牧海釣り公園に何回か行って鯖とセイゴがやっと釣れました。
本牧海釣り公園に詳しいブログの方が最近お亡くなりになりお悔やみ申しあげます。

東京湾真鯛103 [釣行記]

DSC01090.JPG
東京湾に真鯛釣りに行きました。
港は思ったより人は少なく冬場の港になって来ました。
前回有る程度数は釣っているので心に余裕が有り過ぎる緊張感の無い釣行です。
元々釣れなくても休日にのんびり釣り糸を垂らしていれば満足なタイプなので猶更です。

時間になり出船です。
ポイントは下浦で山を立てると前回より少し南にずれています。
他船も集まり最近の定番かつ本命のポイントの様です。

仕掛けを入れて数投で当たり幸先良く真鯛が釣れました。
その後もポツポツ当たりが来て釣れて来ます。

DSC01091.JPG
(いずも)
少し釣れたので景色を楽しんでると海上自衛隊の船が見えました。
空母に似ているヘリコプター搭載護衛艦いずもです。
定係港は横須賀ですが私は初めて見ました。

釣りの方は前回よりイナダが少なく楽ですが反面中盤少し飽きて来ました。
そんな中で当たりが来てなんだ重いなと揚げて来るとトラフグが釣れました。
海から正月のお年玉を貰った気分です。

DSC01101.JPG
(トラフグ)
トラフグが釣れて一気に気分も上がります。
また欲も出て来て柳の下のドジョウを・・・狙おうとしますがフグを釣る仕掛けを良く知りません。
バックの中をゴソゴソあさると10年位前に作ったシマアジのパニック仕掛けが有りました。

取り敢えずそのパニック仕掛けにオキアミを刺し釣り開始です。
その場で置き竿にしたり誘い上げたり色々試していると当たりが来ました。
期待して揚げて来るとカイワリの一荷・・・。
その後、小一時間程トラフグ狙いましたが世の中そんなに甘くないです。
2匹目のドジョウは諦めました。

DSC01097.JPG
そんなこんなで終盤に差し掛かりました。
前回移動した漁礁周りは朝から僚船が居るがパッとしなく本船はこのポイントで粘る事にします。
お正月の鯛の需要も有りますので最後まで頑張ります。

DSC01098.JPG
(本日釣果、真鯛27枚)
当日は27枚釣れて終了です。
途中トラフグ釣りに浮気しなければ真鯛はもっと釣れていたかも知れません。
今年最後の釣行で天然トラフグのお土産付きで沢山釣れて良かったです。
皆様方も良いお年をお迎え下さい。

前の10件 | -