So-net無料ブログ作成

相模湾真鯛21 [釣行記]

DSC02447.jpg
相模湾に真鯛釣りに行きました。
港は前回に引き続き葉山で葉山は家からだと30~40分なので体が楽です。
相模湾は長閑で1日のんびり釣りをしたい私には丁度良いです。

ただ当日はのんびりしすぎていたのか天秤を忘れ船長に貸して貰いました。
ポイントを聞くと亀城の70mを中心に何箇所かを回るそうです。

準備が整うとトコトコ走り出します。
20分位でポイントに着き仕掛けを入れます。
毎週通って入ればポイントの特徴も掴みやすいですが
偶にしか行かない私は取り敢えずオーソドックスに釣って様子を見ます。

船長から反応は出ているよとアナウンスが流れます。
“餌取りじゃないの”と思いながら誘っていると当たりが来て1枚目が釣れました。

朝一は餌取りより真鯛の活性の方が高かったです。
ただ少し時間が過ぎると餌取りが元気になって来ます。
しばらくするとこのポイントに見切りを付ます。

DSC02450.jpg
次は85mの漁礁周りです。
潮が少し速くなって来ましたがそこでもポツポツ当たりが来ます。
当日は真鯛の絶対数は少ないが活性は程々高い感じの喰い方です。
それを想定して釣りを組み立てます。

DSC02448.jpg
(本日釣果、真鯛12枚)
その後も80mや100mを流しポツポツ釣れます。
最後までポツポツ喰いが続き12枚釣って終了になりました。
拾い釣りの相模湾でよく数を伸ばせたと思います。
12枚は今年の本船では一番で近場でこれだけ釣れれば十分です。

DSC02451.jpg
前々回の烏賊釣りでモーターが壊れた電動が修理から戻って来ました。
モーター交換等々の割に修理代は思ったより安かったです。
(2台所有のフォースマスター2000ですが1台は前回OHでモーターを交換してました)
費用が高かったらビーストマスター2000にしようと思っていたので
高額な出費を抑える事が出来ました。

nice!(17)  コメント(2) 

三浦ヤリイカ03 [釣行記]

DSC02440.jpg
三浦半島から先週に引き続きヤリイカ釣り行きました。
前回は電動リールが途中で壊れ200m手巻きの修行の様な釣りでした。
何となくスッキリしなかったのでまた行きました。

港は前回と同じ松輪です。
ポイントも前回と同じ洲埼沖です。
2週続けて行くと勝手が分かって気は楽です。

釣り始めると最初からヤリイカがポツポツ釣れて来ます。
前回、朝一はスルメが多かったですが今回はあまり混じりません。
ただ鯖が多く船長から直結を薦めるアナウンスがあり直結にしました。
慣れない直結なのでポロリも多く私の腕では効率が良くないです。

DSC02441.jpg
2時間もすると鯖も大人しくなり7本角のブランコ仕掛けに変えました。
上3本はオーロラで浮子スッテを挟み下3本はダイワの少し昔の細身の角でした。

当日は角の問題か棚の問題かは分かりませんが
下3本の細身の角に乗って来る事が多く若草色にも乗って来ました。
FFTの槍烏賊150は私の様な素人でも乗りが分かり易いです。

終了までポツポツ乗りで私はヤリ28杯、スルメ7杯の35杯でした。
前回は電動が壊れたのに40杯釣れた事を考えれば少し微妙な釣果になりますが、
普通に考えれば私の腕で30杯越えれば大漁なので来て良かったです。
朝、港で僚船の船長に会い釣れたら置いてくよと約束したので
5杯ほどあげてから家に帰りました。

DSC02445.jpg
(本日釣果、ヤリイカ28杯、スルメ7杯)
先週のヤリイカもご近所に配ったら評判が良かったです。
生かしたヤリイカは大家さんにあげましがお孫さんが喜んでいたそうです。
今週も家で食べる分以外は近所に配りました。


DSC02446.jpg
春が近づいて来ました。
我家のカブトムシの幼虫の土を取り替えました。
今年(去年)はクワガタも卵を産んで行きがかり上育てていますが結構面倒です。

nice!(18)  コメント(2) 

三浦ヤリイカ02 [釣行記]

DSC02429.jpg
三浦からヤリイカ釣りに行きました。
調べると前回は2016年の3月ですから丸2年振りになります。
ヤリイカにしたのは最近模様が良く慣れてなくても少しは釣れるかなと思ったからです。
港はよく行く港になりますが初めて利用する船宿で新規船宿開拓になります。

時間になり出船です。
乗船した船は大きな綺麗な船で快適でした。
最新の船のため安定が良くスピードを出しても他の船よりゆっくりに感じます。
30~40分走りポイントの洲埼沖に着き投入の合図が出ました。

DSC02430.jpg
(スルメイカ)
朝一はスルメの調子が良くポツポツ乗って来ます。
私はスルメも好きなので正直半分スルメで良い位です。
また素人にも乗りが分かりバレも少ないので釣り易いです。

DSC02433.jpg
取り敢えず船上干して酒の肴にします。
酒飲みにはヤリよりもスルメの方が利用範囲は広いかも知れません。
早く家に帰って飲みたくなります。

朝の1時間が過ぎると今度はヤリイカが乗って来ます。
時間の問題かポイントの問題かはよく分かりませんが有難いです。
慣れていない私にもコンスタントに乗って来ます。

DSC02432.jpg
(ヤリイカ)
しかし開始から3時間、そんな私に悲劇が訪れました。
乗ったイカを中速で上げて来たら残り40mで電動リールが動かなくなり手巻きで上げました。
バッテリーかなと船の電源に変えても動かず微かに蚊の鳴く様な音がするだけです。
熱で保護回路でも働いたかのかなと思い少しおいて冷やしましたが反応なしです。

まさか・・・モーターがご臨終・・・。OHに出してから4回位しか使っていないのに・・・。
それもよりによって偶にしか行かないヤリイカ釣りの最中に・・・。
船長の「ハイ!水深230mです」が耳に突き刺さります。

最初は船で寝てようと思いましたが、よくよく考えたら昔の人は電動なんか使ってない!
ワイにはモーターは無くても2本のお手手があるぞ!!と手巻きで続行する事にしました。
当日は乗りの良い日で大流しが多く手巻きでも迷惑を掛けずに済みます。

ただ残り1時間、仕掛けが底に着いたとたん「ハイ!上げて下さい」で
私の手首が燃え尽きました。皆さんより早く道具を片付け終了にしました。

当日はトップ100杯で私はヤリ25杯、スルメ15杯の40杯釣れました。
ただただ疲れる釣りになり、モーターの有難味が身に染みてよく分かる釣行になりました。

DSC02434.jpg
釣ったヤリイカを傘袋に入れて持って帰ったら生きていました。
2杯試しましたが2杯とも無事で1時間位ならこの時期は大丈夫なようです。
リールは翌日ショップに持って行ってテスターで調べたら予想通りモーターがご臨終でした。

nice!(15)  コメント(2) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。